保安道路企画の先輩社員インタビュー

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

最初から営業職に決めていました


学生時代の専攻と、この会社を志望したきっかけを教えてください。
大学では経済学を専攻していました。 社会人になって今思えば、もっと勉強しておけば良かったと後悔しております...学生時代は趣味のテニスとバイトに明け暮れていました(笑) 私は営業職と決めていたので、業界は絞らず自動車ディーラー、不動産、医療機器メーカーなどとにかく興味を持った企業にエントリーしていました。あるとき求人サイトの広告に「ほこたてに出演」という文面があり、どのような会社なのか興味を持ち説明会に参加しました。 会社説明会で社長が社長自身の経歴や社会人に必要なスキルの話などのお話し頂き、印象的で今でも覚えています。自社製品のポストフレックスも魅力ある製品でしたし、自社の製品で道路の安全に携われる事が出来るのは社会に貢献出来る仕事だと思い、志望しました。
入社前のイメージと比べて入社後にギャップはありましたか?
面接でこちらから色々と質問をする事が出来たので、自分がこの会社に入った時のイメージはしやすかったです。入社前から選考や研修で会社には何度も来ており、会社の雰囲気などのギャップはあまりなかったですね。一年目は目の前の仕事を必死に行なっていたので、感じる余裕も無かったのかもしれません(笑)

思い描いていた営業ができた瞬間


具体的な仕事のイメージを教えて下さい。
全国にお客様がいらっしゃり、営業はエリア担当制になっています。遠方に関しては飛行機や新幹線を使用しますが、基本的には車での移動になります。そのため毎週出張で全国のお客様の元へお邪魔させていただいております。 お客様は、国土交通省様、県・市・町村様、ネクスコ様、商社様、建設会社様、設計会社様と道路を安全に作り・維持するために日々、活躍されている役所様から施工会社様が私たちのお客様になります。 その中で私はポストフレックスをより多くの方にご利用いただくため上記の皆様に製品の説明、一緒に販売いただける代理店・販売店様の開拓を日々行っております。
営業の手ごたえを感じるときはどんなときですか?
最初から最後まで携わったときです。以前東北での案件で 1 年間追客し、受注出来た案件がありました。この案件は自分が思い描いた内容の仕事が出来たので、少しお話ししますね。 震災復興予算が付いた案件があり、そこでポストを多く使うという情報が入ったので、発注元に工事設計に弊社製品を提案するために、折衝しに直接訪問しました。担当の方に弊社製品を気に入って頂き、600 本を設計にいれて工事発注がされました。そこで今度は落札業者へご挨拶に伺い、しっかりとご利用頂ける様、製品説明と関係性の構築。その後落札業者へ販売して頂く代理店へ連絡し、製品流通の調整をしていきました。 そこまでは順調に仕事を進める事が出来たのですが、急遽施工時期が早まったと落札業者から連絡が入ったのです。なんとかお客様の希望納期に間に合わせなければならない為、製造部にすぐに事情を説明し、会社に戻って打ち合わせをしました。 実は今回の製品は特注品で、全て一から製作をしなければならない状況。当初は間に合わせるのは厳しい状況でしたが、社内の製造部のメンバーにも協力していただいたおかげでなんとか納期に間に合い、無事 600 本を納品する事が出来ました。 この案件は製品折込からお客様フォロー、納期調整と大変貴重な経験が出来たので、とても印象に残っていますし、震災復興に少しでも貢献できたので良かったです。

お客様からの信頼が嬉しい


営業職という仕事のやりがい、面白さを教えてください。
いい意味で結果が全ての世界なので、その中で自分のパフォーマンスを上げ、結果が出た時はやはり嬉しいです。元々私は目に見える目標がある中で仕事をしたいという考えがあったので、その中でお客様と「どのような話しをしたら場が盛り上がるか」「この案件はどの角度から攻めていけば良いのか」などを考えている時は面白さを感じますね。
これまでの仕事で、特に印象に残っているエピソードを教えて下さい。
入社から半年が過ぎた頃から新規開拓営業に挑戦するようになって、和歌山県に出張中したときの話ですが、私の新規訪問がきっかけでご利用頂いているお客様のところへ伺ったところ「あそこの会社もポストを使用する事があるよ」とお客様を教えて頂きました。 そして、ご紹介先の会社に新規訪問しポストフレックスを紹介させて頂いたところ、大変気に入って頂き、後日150本の見積り依頼!さらにその会社からも別の会社に「良い製品があるよ」とご紹介して頂きました。 その会社からも「久しぶりに面白い製品に出会う事が出来た、是非一緒に販売していきたい」と。 新規訪問は挑戦なので緊張もしますが、自分の訪問がきっかけでお客様との出会いが広がっていって…これは本当に嬉しかったですね! お客様がお客様を紹介して下さったのは、当社の製品の魅力とお客様が私の事を信頼して下さったからだと思います。今後も当社のファンになって頂けるようなお客様を増やしていきたいです。
どんな人と一緒に働きたいと思いますか?
一番はやる気に満ち溢れ、自分の仕事に情熱を持って行動できる人。 そして素直な姿勢で、何でも吸収しようと意気込みがある人と一緒に働きたいですね。
営業職を目指すうえで学生時代にやっておいた方がいいことってありますか?
自分が就職を考えている業界の勉強をする事も大事ですが、自分より年上の方々と話す機会を増やしていくことが実は大切だと思います。 学生時代は同じ年代の人との付き合い中心ですが、就職したら殆どが自分より年上の人達です。目上の方々と話す事に慣れている人の方がお客様と打ち解けやすいと思いますよ。 自分の気持ちをしっかり持って、是非頑張ってくださいね。

インタビューInterview