保安道路企画の営業部長インタビュー

INTERVIEW

営業部長インタビュー

以前は某緑の飲料メーカーで営業マン


転職前はどのような仕事をされていましたか?
某飲料メーカーでのルートセールスと新規開拓(自動販売機の設置依頼)赤い自動販売機を緑の自動販売機に代える仕事をしていました。
入社した決め手は何ですか?
当時はポストフレックスという製品がまだまだ浸透しておらず、完全な挑戦者ということでの全国販売は面白いと思いました。全国で需要がある製品なので、どこの役所へ営業行っても良く、どのお客様と付き合っても良いというのは今までにない営業スタイルです。そういった意味では自由に仕事をさせてもらえるのが決め手ですね、もちろん結果を求められます!

営業は目標があるから成長できる


年間どれくらい出張に行っていますか?
ほぼ出張で宿泊数は年間 180 泊くらい 旅行サイトのじゃらんは年間 130 回くらい使うので、上顧客として表彰されても良いのでは?と思っています(笑)
営業の目標数字はありますか?
あります!あるからこそ、その目標に向かって頑張れる。逆に目標数字がなければ評価できないし、自分自身も頑張らないし、営業マンとして成長できないとも思いますね。
目標数字を達成できなかった場合はどうなりますか?
気持ちが落ち込みますよね...。でもここで落ち込んだままでは半人前のまま。どうやったら目標を達成できるか自分の行動ははたして良かったのか考えることで自分自身成長します。 達成できなかったから減給!というような処罰みたいことはありません。一年目で目標が達成できないのは目標数字の設定ミスや上司、先輩の責任です。一年目でしっかり力を付け、その後も成長するという気持ちと行動力があれば、自然に結果に繋がるはずです。
営業は結果が全てというイメージですが、実際はどうですか?
評価というのは営業においても結果だけでみるものではありません。仕事の過程、意欲、素直さ様々な点から評価をします。ただ製品はお客様が決めるものなので、営業マンの結果はお客様の評価です。そのお客様の評価が素晴らしい営業マンは昇進、昇格のスピードは速くなります。
営業として結果を出すためには何をしたらいいですか?
お客様と同じ視点に立つことが大切だと考えています。常に相手は何を考えているのか、求めているのか考え、相手が喜ぶと思われる行動・勇気をもって実行すること。相手に自分を理解してもらうより、相手を理解するほうが早いですよ!笑
採用活動の中で、今の就職活動生に対して感じることはありますか?
みんな同じ。ある意味優秀。個性がない...というよりも個性はあるのに出そうとしてないという方が正しいかもしれないですね。面接は自己PRの最大のチャンス、そのチャンスで質問待ち・受け身な姿勢の人はもったいないなと思います。失敗しても良いから、もっと自己PRして欲しいですね。
どんな人と一緒に働きたいと思いますか?
・刺激をもらえる人 ・一緒にいて楽しい人 ・結果を出せる人(なぜ結果を出せるか興味がある)
最後に一言
営業職の場合は経験年数ではなく今までの人生で培ってきた人間力があればできる仕事だと思っています。そういう意味では早い段階から新人もベテランも同じフィールドに立って仕事ができる、面白い世界です。 もし興味をもってくれた方がいたとしたら、まずは会って話したいと思っています。話をしてお互いを理解できて、一緒に働きたいと思えたらすごく良いですよね。興味のある人は是非一度私に会いに来てください!

インタビューInterview