保安道路企画の企業文化と制度(挑戦できる環境)

CULTURE

企業文化と制度


挑戦できる環境

営業プランを自分で決める


私はポストフレックスのメーカー営業専門の部署、第二グループに配属されました。お客様は全国にいらっしゃるので出張が中心で、入社当初は見知らぬ土地での営業に不安もありました。

しかし、今はお客様との関係性も良好で、営業の結果もでているので不安は自信に変わっています。自信に変える事が出来た理由は、早い段階から仕事を任せて頂き、自分で考えて行動出来る環境があるからだと思います。

どこのエリアも一人での営業なので、どの様に営業をしていくかは自分で決めなければなりません。どうしたらお客様との距離を縮められるかを日々考えて行動する中で、気づけば「成長した」と実感する事が出来ました。

この会社には「沢山の可能性があると思っています。自分のやる気次第で様々な事に挑戦するチャンスはたくさんあるので、自分を大きく成長出来る環境です。

マネジメント経験が出来る委員会制度


「会社の決め事を社員が決める」という社風の為、会社のイベント関係・社内整備・研修などは社員が中心となって行っています。

委員会は「役職関係なし」「部署関係なし」のグループ制で、委員会のリーダーは社長から任命されます。委員長が委員会をまとめて、その年の会社行事や会社の改善などにも取り組みます。委員長は自分で考えて会議資料を作って発表・委員会メンバーへ発信・委員会のメンバーへ指示するなど、マネジメント経験ができるのでとても勉強になります。

    - 2019年の委員会の例

  • 総務委員会総務委員会 イベント企画 業務時間短縮の推進 有給の推進
  • 車内整備委員会社内整備委員会 業務改善提案 社内の工事や整備の計画
  • 研修委員会研修委員会 年間の研修計画と実施 CSR活動

委員会の趣旨は社員が会社のことを考えて決めることが出来るようにという社長の考えから活動が始まりました。実際に委員会活動に参加してみると自分の業務と関係ないことができる新鮮さもあったり、会社の活動に自分のアイデアが採用されたりして面白いですね。更に委員会によって部署を超えた交流のきっかけにもなっています。